地域農業の振興と新たな地域コミニュティーの創造を

理事長挨拶 公社概要 公社沿革 組織機構 財務

ごあいさつ

   当公社は、地域農業の持続的、安定的な経済基盤のより強固な確立と併せ、農業の持つ他面的機能を発揮し、基幹産業として地域経済の一層の活性化に向けた取組を行う為の組織として、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、及び道央農業協同組合が支援母体となり、公益法人である財団法人として平成17年5月31日に設立いたしました。
   当公社は、今日までその目的に向けて具体的な取組を進めてきておりますが、農業や農村を取り巻く環境がめまぐるしく変化する中、農業の担い手育成や生産振興を通じ、活力ある農業・農村の形成や地域経済の振興に寄与するという当公社の果たすべき役割は、ますます大きなものとなってきております。
   尚、当公社は平成25年3月21日付けで北海道知事から「公益財団法人」の認定を受け、平成25年4月1日付で「公益財団法人道央農業振興公社」として新たな一歩を踏み出しております。
   今後とも、当公社が地域の皆様のご期待に添えるよう職員一丸となって努力してまいりたいと考えておりますので、皆様のご支援とご協力をいただけますようよろしくお願い申し上げます。
公益財団法人 道央農業振興公社
理事長 松尾 道義